医療法人創夢会 森ノ宮むさしドリーム眼科
大阪市中央区森ノ宮中央2-1-70
もりのみやキューズモールBASE204
診療案内

網膜硝子体疾患

硝子体とは?

硝子体とは、眼球の大部分と占める透明なゼリー状の組織です。この組織が網膜をけん引したり、炎症を持続させたり、混濁したり出血することによって視力に障害を及ぼします。
硝子体手術の目的は、この混濁した硝子体や増殖した網膜硝子体の組織、あるいは貯留した血液や病原菌を除去することなどで、疾患に応じた目的・効果があります。

網膜硝子体疾患

硝子体出血

硝子体とは、眼球の大部分と占める透明なゼリー状の組織です。この組織が網膜をけん引したり、炎症を持続させたり、混濁したり出血することによって視力に障害を及ぼします。
硝子体手術の目的は、この混濁した硝子体や増殖した網膜硝子体の組織、あるいは貯留した血液や病原菌を除去することなどで、疾患に応じた目的・効果があります。

糖尿病網膜症

糖尿病のコントロールが悪い状態が続くと網膜の毛細血管が虚血をおこし、出血や黄斑部に浮腫(腫れ)をおこし視力低下をきたします。またさらに進行すると新生血管が出現し大出血(硝子体出血)や牽引性の網膜剥離をきたします。

網膜剥離

網膜と硝子体に異常に強い癒着がある場合、硝子体の液化や牽引により網膜に裂け目ができ、その下に水(液化硝子体)入り込むことにより網膜剥離がおきます。放置した場合は失明することがあります。

黄斑円孔

網膜の中心部(黄斑部)に穴が開く病気で視野の中央が見えなくなり視力が低下する病気です。早期の手術により視力回復が期待できます。

黄斑前膜

網膜の中心部(黄斑部)を含む網膜の後極部に膜が張り、その膜が収縮することにより視力低下や、 ゆがみをきたす病気です。

手術について

手術は点眼麻酔とテノン嚢下麻酔という局所麻酔で行います。痛みに関してはそれほど心配いりません。手術中は会話もできますので心配なく手術を受けていただけます。
手術時間は疾患により異なりますが、30~60分程度です。(難症例では2時間を超えることもあります。)
硝子体手術は機械のめざましい進歩に伴い、近年非常に安全なものとなりましたが、偶発症はゼロではありません。手術後に網膜剥離や再出血、感染症などの合併症や、もとの病気の再発があれば再手術が必要になることもあります。

こちらの手術は上本町本院で行っております。

診療時間

午前 10:00~13:00 午後 15:00~18:00
休診日:木曜日(木曜日が祝日の場合は診療)
土日祝も診療

■はじめて受診される方へ

事前に問診票に記入して、初診時にお持ちいただくと、待ち時間が短縮されます。

問診票ダウンロード
求人情報
PAGE TOP